マーチンゲール法をおすすめする理由

ギャンブルに重要なことは最終的に勝つこと。
そのためには、やみくもに賭けることや根拠のない直感に頼っていたのでは、勝率がいつまでたっても上がりません。

おすすめの攻略法はシステムベットであり、中でもマーチンゲール法が代表格となります。
「マーチンゲール法とはなんですか?」
ギャンブル初心者はご存じないかも知れません。
幅広いカジノゲームに応用できるメリットがあり、システムベットを学習する上で大切。
そのためには、そもそもシステムベットがどのようなものかを学習してください。

そこで、システムベットについて少し触れておきましょう。
これはマネーシステムともされているものなのですが、戦術に沿った賭け方を指しています。
軍資金残高をマネージメントする賭け方であり、古来よりさまざまな手法がベテランギャンブラーたちにより考案されてきました。
ちなみにマーチンゲール法は、南フランスのマーティギュー地方出身者が好んで使っていたマネーシステムであったため名付けられたのです。

その内容について考えてみましょう。
誰でも、賭けに負けたら次の勝負で取り返したいと考えるはず。
マーチンゲール法は自然発生的に考案されたのです。

つづいて具体的な手法について。
基本的にはゲームの勝率が非常に重要。
そのため、配当が低くてもなるべく勝率の高いゲームを選ばなくてはなりません。
具体的には、勝率50パーセントで配当が1倍のゲームを選んでください。
ルーレットの赤黒や偶数奇数などが該当することになります。

まず、最小となる1ドルを賭けてゲームスタート。
勝てばよいのですが、負けた場合には2回目の勝負で倍賭けの2ドルをベット。
2回目の勝負で勝てばよいのですが、負けた場合には倍賭け。
つまり4ドルを賭けてください。
このように、負けた場合には倍賭けを続けることがマーチンゲール法となるのです。
万一、負け続けたとしても1回の勝ちですべてを取り戻すことができます。

これだけ聞けば初心者の方々は
「夢のような攻略法ですね」
と感じることでしょう。

しかし注意してほしいポイントがあるのです。
それは、連敗が重なってしまうと大変なことに。
もちろん1回の勝利で取り戻すことができますから、慌てる必要はないはずです。
ただし、軍資金が潤沢でなければなりません。
ギャンブルは軍資金が底を尽いてしまえばゲームオーバー。
10連敗などしてしまえば、1ドルから始めても1023ドルを失ってしまうのです。

またベットリミットに注意しなければなりません。
ゲームごとに設定されているベットリミット。
これを超えた金額を賭けることができないのです。
マーチンゲール法はあくまでマネーシステムの基本。
ゲーム内容や軍資金にフィットするように、その応用が求められるのです。

自分なりに研究してみてはいかがでしょうか?
さらにギャンブルを楽しめるようになります。