モンテカルロ法のメリットとデメリット

かつてモナコ公国でこの攻略法を使い、カジノを潰してしまったという伝説が残っている攻略法が「モンテカルロ法」です。
モナコ公国の地区の一つであるモンテカルロから名付けられました。
モンテカルロ法のメリットとデメリット

真偽は定かではありませんが、コツコツ利益が積み上がっていくことが期待できる攻略法です。
ここでは、モンテカルロ法のやり方やメリット・デメリットなどを紹介します。

モンテカルロ法のやり方

モンテカルロ法は、決まった数列によって賭け金を決めていく攻略法です。
数列を作るので、慣れないうちは紙とペンを用意して賭け方を計算していきましょう。

負けたときの賭け方
1.2.3と数字を記入します。
数列の両端の数字を足した数が賭け金になります。
(1+3=4)
負けたら数列に4を足して、先頭と末尾の数字を足した金額を賭けます。

ここでは5ドルベットすることになります。
(1.2.3.4と記入 1+4=5)
次に回でも賭けたら数列の末尾に5を加え、先頭と末尾の数字を足した金額を賭けます。
(1.2.3.4.5と記入 1+5=6)
以降も負けたら同じ考え方で進めていきます。

勝ったときには数列の数字を消します。
2倍配当のゲームと3倍配当のゲームでは数字の消し方が違います。

2倍配当のゲーム
5回目のゲームで勝ったときのことを考えます。
このときの賭け金は8ドルです(数列1.2.3.4.5.6.7 1+7=8)。
勝ったときには数列の両端の数字を1つず消します(2.3.4.5.6)。
次のゲームでは数列の両端の数を足した額を賭けます。
この場合は6回目のゲームでは8ドルベットすることになります(2+6=8)。

3倍配当のゲーム
5回目のゲームで勝ったときのことを考えます。
負け続けていた場合は8ドル賭けています。
勝ったときには数列の両端の数字を消すのですが、3倍配当のゲームの場合は2つずつ消します(3.4.5)。
次のゲームでは数列の両端の数を足した額を賭けます。
この場合は6回目のゲームで8ドルベットすることになります(3+5=8)。

2倍配当でも3倍配当でもこれを繰り返し、数字がなくなったとき、または残りが1つになったときにゲームは終了します。

モンテカルロ法のメリット

賭け金の増え方がゆるやか
マーチンゲール法は負けたらベット額を倍にしていくので、どんどん賭け金が膨らんでいきます。
そのため、軍資金を多く用意しなければなりません。
負け続ければ最高ベット額に達してしまうこともあります。

これに比べるとモンテカルロ法は賭け金の増え方がゆるやかです。
はじめから多くの軍資金を用意せずともゲームに参加できます。
このような特徴があるため、コツコツと長期戦で賭けたい方に向いている攻略法といえるでしょう。

モンテカルロ法のデメリット

数列を作る必要がある
モンテカルロ法は数列に従って賭け金を決めていく方法なので、数列を作る必要があります。
1+3=4など簡単な計算ですが、計算に苦手意識を持っている方にとっては面倒に感じるかもしれません。

紙とペンが必要になる
紙とペンが必要になる
頭の中だけで計算をしていると回が増えると賭け金がわからなくなってくるので、ベット額を把握するために紙とペンが必要です。
ランドカジノでは使うことができませんが、オンラインカジノでなら紙とペンの使用が可能です。

モンテカルロ法に向いているゲーム

モンテカルロ法は3倍配当のゲームで利益を出しやすい特徴があります。
3倍配当のゲームには、ルーレット(コラム / ダース)があります。
2倍配当のゲームにも適用できます。
2倍配当のゲームには、バカラ、ブラックジャック、ルーレット(赤・黒 、奇数・偶数)があります。

モンテカルロ法の注意点

勝ち続ける必要がある
ココモ法やマーチンゲール法は、負け続けても1回の勝利で利益を出せる攻略法ですが、モンテカルロ法はこれらの攻略法とは違い、1回の勝ちでは利益を取り戻せる方法ではありません。
2倍配当のゲームでは負け続けると損失が出てしまうことがあります。
2倍配当ゲームで利益を取り戻すためには連勝する必要があります。

長期戦になる
また、2倍配当では数列の数を1つずつ消していき、2つずつ消す3倍配当ゲームよりも長期戦になります。
コツコツ続けていくことが苦手な人には面倒に感じるかもしれません。
利益を出すまでのゲーム回数を多くしたくない場合は、3倍配当ゲームを選ぶとよいでしょう。

ある程度の軍資金が必要
マーチンゲール法に比べればベット額の上昇が穏やかですが、負け続ければベット額が膨らんでいきます。
長期戦になるようなら、どこでゲームを打ち切るのか資金と相談することが賢明です。
ある程度の軍資金が必要

計算ミスに注意する
計算ミスをするとモンテカルロ法が成り立たなくなってしまいます。
計算ミスを防ぐために紙とペンを用意しておきましょう。

2倍配当のゲームと3倍配当のゲームでは、数列の消し方が違うことにも注意をしてください。
2倍配当では数列の両端の数を1つずつ、3倍配当では数列の両端の数を2つずつ消していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です